医師の求人・転職のことならCMEコンサルティングへ/医師の転職・求人・募集なら【CME医師】

オーダーメイド転職事例
医師の転職

病院産科医からクリニック婦人科医へ

  • 勤務地
    静岡県
  • 年齢
    42歳
  • 性別
    女性
  • 科目
    産婦人科

これまで産婦人科医として県内の総合病院で勤務していた医師。お母様の体調が悪く、これまでのように子供の世話を頼めないと判断。自身のプライベートを確保するために転職を検討。そして産科医を続けられるのか・・・その結果は?

Qなぜ転職を考えられましたか?
今まで子供の面倒は母にお願いしていましたが、2年前に母が体調を崩してから負担も増え、私自身も体力的に疲弊し始めていました。しかし、現在の職場は人手不足。時短勤務や当直免除などを上申できる環境ではありません。
毎日忙しく過ごしていると月日は流れ、子供が小学校に入学する年齢になりました。母は月に1回の通院で済んでいましたが、これから通院が増えるであろうと予測される事と、子供が小学校にあがる事で学校行事への参加が負担になると考え、子供が小学校にあがるタイミングで転職しようと決めました。
悩んだことは、産科医としてこのまま続けられるのか、婦人科への転向を考えたほうが良いのではないか。そして、どのような転職先があるのか。転職サイトを時間のある限り見ていたのですが、なかなかマッチした求人が見当たらず、どのようにすれば良いのかの相談を含めてCMEさんへ問い合わせてみました。

エージェントにオーダーした内容、勤務体系、
プライベート、どう変わりましたか?

19:00までに帰宅できる勤務体制と通勤時間
今回、CMEのエージェントと相談しながら決めたのは、婦人科検診がメインのクリニックでした。一番の決め手は、終業時間と近さです。午後が検診の日は17時過ぎにはクリニックを出る事ができ、午後が外来の日でも予約制ですので17時30分にはクリニックを後にできます。通勤にかかる時間は約30分程度のため、18時には帰宅できる環境となりました。
当直・オンコールなし
無床クリニックですので必然的に当直・オンコールはありません。
オンコールのない生活は久々で、医師としては少し物足りなさを感じますが、子供の寝顔を毎日見れる事と何より母親の負担を減らす事ができています。
土曜・日曜・祝日は休み
今回、唯一希望条件とマッチしていなかったのが、土曜日の勤務についてでした。
面接時に直接相談しましょうと言われているとエージェントから聞いて面接に向かいました。
やはり土曜日は混雑するようで、クリニック側からは毎週が難しいなら隔週か月に1回でも出てもらいたいと依頼を受けました。事前に母とも相談できていたので、隔週で勤務に入る事としたのですが、実際に勤務をしてみると、同世代のママさんドクターも働いていて、逆に毎週お休みをしていたら、後々働き難さを感じていたかもしれません。隔週ですので今のところは問題なく勤務できています。
年収1,500万円以上
これまで、クリニックは医局の派遣でしか勤務したことがなく、相場というものが分かりませんでした。当直・オンコール・分娩をしなければ確実に報酬が下がることと承知していましたが、これまでの年収も考慮いただき1,600万円の提示をいただき満足してます。
人工妊娠中絶を行っていない施設
もともと産婦人科医を目指したきっかけもよく考えて、本当に自分がやりたいことを第一に考えました。CMEさんから、人工妊娠中絶の対応はしないという条件で入職しても、緊急度が高いのでどんな医療機関でも依頼される場合があるとアドバイスをいただいていました。
これも、婦人科クリニックに決めた要因のひとつです。
その他
お産中心の業務では気づかなかった予防医学の重要性を再認識する事が出来ました。女性特有の病気を初期段階で見つけられれば、その後の治療方法も大きく変わります。
また、同じ大学出身の乳腺外科出身の先生が週1日お越しになっているので、これを機に乳がん検診なども学ばせていただければと思っております。
転職前
週4.5日勤務 + 当直週1回+オンコール(当番制) 水曜・日祝休み 年収2,000万円
外来
+
妊婦健診

8:30

17:30
予備日
+
病棟管理

8:30

18:00
手術日
8:30

17:30
病棟管理
8:30

17:00
外来
8:30

14:00
当直
転職後
週3.5日+隔週土曜勤務 当直・オンコールなし 木曜・隔週土曜・日祝休み 年収1,600万円
外来
+
婦人科検診

9:00

13:00
婦人科検診
(終日)

9:00

17:00
婦人科検診

外来
9:00

17:30
外来

婦人科検診
9:00

17:00
【隔週】

外来
9:00

17:00
Qご転職された後、現勤務先における問題点や課題などありますか?
毎日めまぐるしく働いていたので、少し物足りなさを感じるのでは・・・と思っていましたが、家族との時間・職場での時間・自分の時間、全て充実していると感じます。
産科医時代、当直は時間が決まっているので割り切れていましたが、オンコール当番日は気持ちが落ち着かず、子供ができてからは特に憂鬱な日となっていました。産科医でのオンコール免除は、他の先生方との兼ね合いがあることを十分に承知していたので、エージェントから産科の求人もご紹介いただきましたが、相談して婦人科の道を選びました。
お蔭様でこれまであまり携われなかった婦人科検診業務も勉強になり楽しくやれています。特にこだわりはなかったですが、医療機器類もクリニックは最新のものが多く、とても勉強になっています。同世代のママさんドクターがいることで、気を遣うこともなく、とても働きやすい環境です。

今回の転職は、マイナスの転職になるだろうと覚悟していましたが、今となっては望んでいた環境に身を置くことができました。
年収は確かに下がりましたが、家族との時間に加えて自分自身が使える時間、そして新たな婦人科医としてのスキルアップなどを考えると、プラスになったと思える転職となりました。

FLOW転職成功までのステップ

あなたに「ピッタリ」なお仕事をご紹介します 60秒で簡単登録!すべて無料でご利用頂けます あなたに「ピッタリ」なお仕事をご紹介します 60秒で簡単登録!すべて無料でご利用頂けます