@CME_doctor_jobさんをフォロー ブックマークに追加
CMEコンサルティング@医師転職

科目別転職事情|医師の転職・医師 求人・医師 募集をベテランエージェントが徹底サポート[ CMEコンサルティング@医師転職 ]

初めての方へ

会社概要

サービスの流れ

0120-6108-55

[ 2017/10/15 ]運営事務局からのお知らせ新着

医師 科目別転職事情

★の数による5段階評価、多いほど求人ニーズが高い
医師の転職は情報とタイミングが勝負です。弊社の豊富なデータをもとに各科目別のニーズや給与情報をまとめてみました。ぜひご覧下さい。

  1. 内科系
  2. 外科系
  3. その他

内科系

一般内科・総合診療科 ★★★★★

一般内科の医師求人は、全国的にみても通年で非常に多い状況にあります。急性期病院はもちろん、クリニック、回復期・慢性期病院、企業産業医、老人保健施設まで幅広く募集されており、求人数が多い分、雇用条件も千差万別です。
待遇面が良い=好求人とは限りません。その見極めはとても重要な要素になってきます。
総合診療科も一般内科同様に多くの求人がありますが、病院によりその担当範疇は異なる為、ご自身の経験やスキルに合わせた病院選びがポイントとなります。

消化器内科 ★★★★★

内科系医師求人の中でも、求人数は常にトップレベルにあるのが消化器内科です。特に上部・下部内視鏡ができる医師の採用ニーズが高い傾向にあります。
低侵襲の最新治療スキルを求められる所から、検査のみの経験を求められる所まで、採用ニーズは施設によって様々ではありますが、急性期病院に限らず療養型施設、人間ドック、クリニックなど様々な施設から募集されているのが大きな特徴です。
※年俸相場1,500~2,000万円 消化器内科の求人はこちらから▶

循環器内科 ★★★★

生活習慣病患者の増加に伴い、年々ニーズの高まっている診療科です。一般内科、消化器内科に次いで求人の多い診療科となっています。心臓カテーテルやインターベンションなどのスキルを求められる専門病院や大規模総合病院から、生活習慣病からの循環器疾患を中心としたプライマリーケアの経験を求められるクリニックまで、多岐にわたり医師の募集があります。循環器内科医の求人数は、近年横ばい状態ですが、新規標榜科目としての立ち上げ、機器は揃っていても医師がいない為症例数が伸び悩んでいる医療機関などの医師求人が目立ちます。
プライマリーケアの経験を求められる医療機関では、循環器領域以外の診療を求められる事も多く内科医としての広い知識を求められます。上記の通り、循環器内科の求人といっても求められる経験や診療内容が異なってくるため、病院規模や待遇だけでなく、病院の方針や実際に行われている診療内容を踏まえて、転職先を決めることが重要になります。
※年俸相場1,800~2,200万円 循環器内科の求人はこちらから▶

血液内科 ★

内科系で最も医師数の少ない診療科で、標榜する医療機関も少ないため求人数も多くはありません。多くの求人が300床以上の民間病院や癌拠点病院などに偏るため、地域やタイミングによっては求人そのものがないケースも考えられます。
しかし、一般内科への転科は容易であり、転職の際に専門性にこだわらなければ求人は多くあります。専門性を追求する場合は、候補病院のクリーンルームは何床有るのか?その他の設備類は充実しているのか?他病院との連携が取れているのか?血液内科を経験しているコメディカルが居るのか?など、情報に詳しいベテランエージェントがいる紹介会社を選択することが重要になります。
※年俸相場1,500~1,800万円 血液内科の求人はこちらから▶

神経内科 ★★★

脳神経外科病院やリハビリテーション病院の医師求人が多く、急速な高齢化社会に伴い求人は増加傾向にあります。脳神経外科病院や一般病院への転職をご希望される場合は、頭痛外来の診療スキルや脳卒中専門医の資格をお持ちであれば、選択の幅が広がります。
また、近年リハビリテーション病院が首都圏に多く新規開院されていることも、神経内科の求人増加の背景だといえます。
ただし、リハビリテーション病院は外来診療を設けていない場合もありますので、今後のキャリア形成も見据えて転職先を選ぶ必要があります。
※年俸相場1,500~1,800万円 神経内科の求人はこちらから▶

老人内科 ★★★

高齢化社会の到来により幅広い医療機関から求人が増加している診療科です。療養型病院、老人保健施設、在宅医療クリニックなど、活躍の場は確実に広がっています。診療報酬の改定によって療養病床は減少しているものの、厳しい現状の中で安定・成長している医療機関も少なくありません。療養型病院では、病棟管理専従の勤務が多く、外来や当直のない勤務が多いため、他の診療科と比較すると年俸はやや低めとなります。ある程度の年俸を求めるならば在宅医療クリニックが狙い目でしょう。基本ベースが高く当直もありませんがオンコールは必須ですので、他の医師との連携が上手く取れ、交代でオンコールを受け持てる体制の整った施設を選ぶ事がポイントです。
※年俸相場1,200~1,800万円 老人内科の求人はこちらから▶

糖尿病・代謝・内分泌科 ★★★★

増加する生活習慣病と密接な関わりを持つ診療科であるため、今後もさらにニーズが高まるでしょう。合併症の発症や進行を抑えるためには適切な内科管理が必要となり、1人の患者と比較的長く付き合う必要も生じる事から、スキルや経験と同時に高いコミュニケーション能力が求められます。また疾病の性質上合併症が多いため、関係する他科との調整も上手く行う必要があります。糖尿病・代謝・内分泌科の医師求人は、専門外来を設けたいという医療機関の希望も多いため、さらにスキルアップを求める医師には多くのお勧め求人があります。

呼吸器内科 ★★★

地域や医療機関の種別を問わずニーズの高い診療科です。総合病院の求人も多いですがクリニックでも重宝されます。冬期の患者数増加に加え、COPDも一般的に認知されるようになりニーズは高まるばかりです。しかし、ニーズの高さゆえに一般内科などの業務もあわせて求められることが多いため、専門に特化した勤務を求める場合は、入職前の雇用条件の入念な確認が必要です。臨床系以外では、がん治療の経験がある呼吸器系医師を求める製薬企業が増えており、選択肢としてメディカルドクターへの転職も考慮に入れると将来の道は広がります。
※年俸相場1,500~1,800万円 呼吸器内科の求人はこちらから▶

腎臓内科・人工透析 ★★★★

腎臓内科の専門業務に携わりたいならば、地域の中核病院で希望の条件に近い求人が見つかります。人工透析の求人は多く、病院からクリニックまで高額給与の医師求人が揃っています。さらに透析の専門医を取得していれば、医療機関は診療報酬上の加算や協力病院から患者紹介も見込めるため採用ニーズが高く、条件交渉の際には強力な武器となります。人工透析の求人は、比較的ゆとりのある勤務が多いため高齢でも転職が可能で、生涯現役で働かれている先生も多くいらっしゃいます。

外科系

一般外科 ★★★

消化器外科と共に外科系求人の中ではニーズが高い診療科ですが全体的な求人状況は横ばいです。医療機関の規模や標榜する診療科によって求められるスキルが異なるため、業務の内容は様々です。外来の初診を任されることも多く様々な症例を積むことが可能です。地域の民間病院では、プライマリとしての外科的処置に留まり手術件数は多くない場合もあります。
療養型病院や高齢の入院患者の割合が多い病院では、胃瘻造設や尿道カテーテルの交換などを行う必要があるため、外科医を募集するところもあります。
外科医としての専門性を追求するのか、それとも地域密着のジェネラリストを目指すのかによって、選択する医療機関・年俸が大きく変化します。
※年俸相場1,300~2,000万円 一般外科の求人はこちらから▶

消化器外科 ★★★

外科系求人の中でニーズが高い診療科で全体的に求人状況は増加傾向です。手術に専念できる大規模病院では若手医師の求人が目立ち、役職者の求人は稀に募集が出る程度の印象です。地域の中規模病院では、外科的な技術に加え内視鏡など消化器内科分野のスキルも求められる傾向にあります。療養型病院の胃瘻造設や縫合処置のニーズに加え、クリニックや人間ドック施設からの募集も多く、消化器科としての採用ニーズは増加しています。上部内視鏡・下部内視鏡が対応可能な医師は特に採用ニーズが高いです。
※年俸相場1,500~2,000万円 消化器外科の求人はこちらから▶

乳腺外科 ★★

外科系では医師数の少ない診療科ですが、乳がん検診から外科手術まで一連の診療を行う医療機関をはじめとして、全国的に乳腺外科の採用ニーズが高まっています。ただし、マンモグラフィーの読影認定医の資格保持や、女性医師限定などの募集条件が出される傾向が高いため、情報に詳しいベテランエージェントがいる紹介会社を選択することが重要になります。また健診や人間ドック施設からの求人が多いのも一つの特徴です。
※年俸相場1,400~1,800万円 乳腺外科の求人はこちらから▶

心臓血管外科 ★

近年の心臓血管疾患を有する患者数増に伴い、今後、更に心臓血管外科の採用ニーズは高まるものと推測されます。ただし、若手修練医が学ぶ専門医修練施設を集約していこうという学会主導による動きもあり、実際には、公な情報として求人が出ることは皆無といえる特別な診療科です。新規に循環器(心臓)センターを立ち上げるプロジェクト求人など、非公開での求人情報が多いため、情報に詳しいベテランエージェントがいる紹介会社を選択することが重要になります。
※年俸相場1,400~2,200万円 心臓血管外科の求人はこちらから▶

呼吸器外科 ★

心臓血管外科と同様で公な情報として求人が出ることは皆無といえる診療科です。地域の基幹病院での求人が目立ち、役職者としての招聘や、新規に循環器(心臓)センターを立ち上げるプロジェクト求人など、非公開での求人情報が多いのが特徴といえます。また非公開求人の中でも、内視鏡を用いた胸腔鏡手術などの広がりもあり、高いスキルが求められる傾向が高く、事前の情報収集が転職のポイントとなります。
※年俸相場1,500~2,000万円 呼吸器外科の求人はこちらから▶

泌尿器科 ★★

泌尿器科は、病院からクリニックまで多くの医師求人があります。ただし、ほとんどのケースで透析管理を兼任することを求められますので、外来対応のみの勤務希望なのか、手術について、透析管理専任なのかなど、情報に詳しいベテランエージェントがいる紹介会社を選択することが重要になります。また、人工透析の求人は、比較的ゆとりのある勤務が多いため高齢でも転職が可能で、生涯現役で働かれている先生も多くいらっしゃいます。
※年俸相場1,500~2,000万円 泌尿器科の求人はこちらから▶

整形外科 ★★★★★

外科系で最も求人数が多く、専門性に富んだ診療科です。外傷、スポーツ障害、慢性疾患、腫瘍など、整形外科医が活躍する場は多岐に渡るため、医療機関の専門とご自身の希望がマッチするか最重視することをお勧めします。勤務内容はバリエーション豊かで、オーダーメイドの求人をご提案しやすいのが整形外科の特徴です。また業務内容にもよりますが高年俸で募集されているケースも珍しくありません。
※年俸相場1,600~2,400万円 整形外科の求人はこちらから▶

脳神経外科 ★★★★

脳神経外科は、総合病院・専門病院・リハビリテーション病院などの様々な医療機関から求人募集が出されており、採用ニーズは高い科目といえます。手術中心、外来中心など先生のご希望を受け入れて頂きやすく、業務内容にもよりますが高年俸を提示されることも珍しくありません。また脳ドックなど比較的ゆとりを持って勤務可能な医師求人も出されており、高齢でも転職が可能で、生涯現役で働かれている先生も多くいらっしゃいます。
※年俸相場1,500~2,000万円 脳神経外科の求人はこちらから▶

形成外科 ★

形成外科の求人数は非常に少ない状態が続いています。体制が整っている病院が多く、欠員補充の求人がほとんどです。患者層は新生児から高齢者まで幅広く、他科と連携する機会が多いため、コミュニケーション能力を重要視されます。
中には美容外科へ転科される医師もいらっしゃいますが、相対的に形成外科求人数は少なく選択の幅は広いとはいえません。
※年俸相場1,500~1,800万円 形成外科の求人はこちらから▶

その他

麻酔科・ペインクリニック ★★★

麻酔科は、手術麻酔・術後管理、オンコール対応、ICU管理などの救急医療、緩和ケアなど、幅広く医師求人が出されています。手術麻酔を中心とした勤務内容の場合、どれだけ経験があるかというのが一番求められるところですが、外科系医師との連携やチームワークも必要であり、コミュニケーション力も重要視されます。待遇面は、勤務内容により優遇されるケースも多くありますが、数年前に比べると非常勤求人は充足傾向にあるといえます。また、ペインクリニックでは、手術麻酔を中心とした勤務内容に比べ待遇面は落ちますが、ワークライフバランスの充実が取りやすくなります。

救命救急科 ★★★★

救命救急科は若手医師を希望される医師募集が多く、常に忙しいイメージですが、病院によっては1人の医師への負担を軽減するような配慮もされ、不眠不休で対応する状況はなくなりつつあります。救命救急科の医師は内科・外科両方に携われるため、後々のキャリアビジョンを多様に考えることが出来ることから、選択肢の幅も広がります。
※年俸相場1,500~2,000万円 救命救急科の求人はこちらから▶

皮膚科・美容皮膚科 ★★

他科に比べて急を要する治療や当直をdutyにする病院も少なく、ワークライフバランスが取りやすい科目として、特に女性医師に人気のある科目です。
総合病院で経験を積み、開業される医師が多い傾向にあるのも皮膚科の特徴です。
また、転科も含め美容皮膚科に興味をお持ちの医師が若い方中心に増えており、特に都市部で美容皮膚クリニックの求人が出ると充足するスピードは速く、医師募集情報に詳しいベテランエージェントがいる紹介会社を選択することが重要になります。
※年俸相場 皮膚科/1,000~1,200万円 美容皮膚科/1,200~1,500万円 皮膚科・美容皮膚科の求人はこちらから▶

美容外科 ★

大手から個人まで各都市に美容外科クリニックは多くありますが、求人数は減少傾向です。医師の採用は経験者が優遇され、技術だけでなく術前術後のコンサルティング能力も求められます。転科の場合は、外科系科目で経験を積み、真剣に美容外科医として活躍したいと考えている若い医師が好まれます。個人の力量や業務量によって報酬は大きく変動します。
※年俸相場1,500~3,500万円 美容外科の求人はこちらから▶

眼科★★

眼科専門病院の求人は多くありませんが、手術症例を多く積まれて専門医を取得された医師に対しては幅広い医療機関からの医師募集があります。ただし、これから専門医を取得したいとお考えの若手医師を採用したいという意向の医療機関など、眼科は、病院・クリニックを問わず非公開での求人情報が多いため、情報に詳しいベテランエージェントがいる紹介会社を選択することが重要になります。またコンタクト関連の医師求人は減少傾向といえます。
※年俸相場1,300~1,600万円 眼科の求人はこちらから▶

耳鼻咽喉科 ★

耳鼻咽喉科の求人は多くありません。病院とクリニックの求人比率は地域によって異なりますが、医師募集自体は都市部に集中しているといえます。また総合病院の求人は手術スキルを求められる傾向が高いため、業務内容を事前に確認しておく必要があります。クリニックの場合は外来業務が主となりますので、非常に多くの外来患者の対応を想定しておくことが必要です。繁忙期・閑散期の差の大きな診療科となりますので、入念な情報収集をお勧めします。
※年俸相場1,200~1,600万円 耳鼻咽喉科の求人はこちらから▶

産科・婦人科 ★★★

地域によりバラつきはありますが、産科の求人状況は売り手市場にあります。しかし、業務内容上、他科のように当直免除などの調整は難しい科目となります。産科は勤務がハードな反面、地域や分娩対応数によっては2,500万円以上など高年俸を提示されるケースが多くあります。また、ワークライフバランスを求めるのであれば、婦人科を選択するという道もあります。待遇面では産科に及びませんが、産科で得たスキルをそのまま生かすことが可能で、女性医師にも働きやすい環境が整えられていることが多いのも一つの特徴といえます。
※年俸相場1,500~2,500万円 産科・婦人科の求人はこちらから▶

小児科 ★★★

採用ニーズは高く、特に救急対応している総合病院からの求人依頼が多く寄せられています。特に新生児医療の現場でのニーズは高く、地域医療の健全化の為に小児科医を強く求めている地域も多くあります。また女性医師のワークシェアを推進する医療機関や、一旦は医師不足の影響でクローズしたが外来のみ再開したいという意向の医療機関など、ワークライフバランスを求める医師向けの求人も増えてきております。
※年俸相場1,200~1,600万円 小児科の求人はこちらから▶

リハビリテーション科 ★★★★

全国に求人があり、採用ニーズも高い傾向が続いています。脳神経外科、整形外科、内科などの医師が転科されることも多く、多くの医療機関が転科の受け入れにも積極的です。
まだまだ絶対数が少ないリハビリテーション専門医は優遇され、これからリハビリテーション病棟の開設を予定する医療機関など多くの医師求人が寄せられています。

精神科 ★★★★

精神科の求人は都市部や地方を問わず、精神科病院やメンタルクリニックなどからの医師募集が多くあります。ただし、最近では精神保健指定医に求人が集中しており、非指定医や転科を希望する医師に対しても多く求人されていた以前の求人動向に変化が生じています。指定医の取得を目指す場合は、何より指定医の取得可能施設か否かの確認が重要です。協力施設がある事で取得が可能なケースもあるので、指定医の取得実績の事前調査をお勧めします。特に必須となっている症例が積める医療機関は限られるので注意が必要です。
※年俸相場 非指定医/1,200~1,500万円 指定医/1,600~2,000万円 精神科の求人はこちらから▶

緩和ケア科 ★

緩和ケア病棟を持つ医療機関が限られるため求人は多くありません。ただし、がん患者が増え続ける中で、将来的に緩和ケア病棟の立ち上げを予定する医療機関も多く、今後の求人数増加が見込まれます。緩和ケアのみに従事していた医師はもちろんのこと、内科系、外科系、麻酔科など様々なバックグラウンドを持った医師が歓迎されるため転科の受け入れにも積極的です。
※年俸相場1,200~1,600万円 緩和ケア科の求人はこちらから▶

在宅診療 ★★★★

診療報酬上でも追い風状態にあるため求人は非常に多くなっています。内科医だけでなく外科医の採用ニーズも高い点が特徴です。在宅医療は、医師として培ってきた能力が総合的に活かされる分野でもあり、科目を問わず多くの医師が在宅医療の現場で働かれています。訪問する患家は居宅や施設(特別養護老人ホーム・サービス付高齢者向け住宅など)で、地域や医療機関によって割合は異なります。
運転手や看護師と同行の有無、モバイル機器を使ったカルテの入力、オンコールの頻度や体制など、待遇や業務負担もそれぞれの医療機関によって異なるため、事前の情報収集活動が重要となります。
※年俸相場1,500~2,000万円 在宅診療の求人はこちらから▶

放射線科 ★★

放射線科の求人は決して多くはありません。治療と読影・画像診断の業務に分かれますが、求人の多くはCT、MRIの読影・画像診断を求める医療機関の募集となります。放射線治療医の求人数は多くはありませんが、非公開で好条件の募集が出ていることもありますので、事前の情報収集活動が重要となります。また専門医資格の保持を条件とされる求人が多いことも特徴の一つといえます。
※年俸相場1,200~1,500万円 放射線科の求人はこちらから▶

病理診断科 ★

病理診断科の求人はほとんどありません。病理診断科があるのは一定の症例が集まる大規模病院で、定員も1名のところが多いため採用枠自体が限られます。病理診断科の有無が評価対象となるがん診療連携拠点病院での新規採用や、退職者の欠員補充などにより稀に求人が生じる診療科といえますので、大規模病院の情報に詳しいベテランエージェントのいる紹介会社を選択することが重要となります。
※年俸相場1,200~1,400万円 病理診断科の求人はこちらから▶

健診・検診・人間ドック ★★★

健診・人間ドックの求人は、病院に限らず、健診専門施設からの求人もあるため採用ニーズは高めです。ただし、都市部の求人は競争が激しくすぐに充足する傾向にあるため注意が必要です。上部・下部内視鏡、乳がん・子宮がん検査などの専門的なスキルを求められることもあります。また婦人科検診の増加に伴い女性医師の採用ニーズが高くなっていることもポイントです。
医療業界に精通したジャスト会計事務所の代表者ブログ 医師転職 虎の巻 医師転職 オーダメイド転職事例 医師 科目別転職事情 医師転職 初めての方へ FAQ
Back to Top