@CME_doctor_jobさんをフォロー ブックマークに追加
CMEコンサルティング@医師転職

医師の転職・医師 求人・医師 募集をベテランエージェントが徹底サポート[ CMEコンサルティング@医師転職 ]

初めての方へ

会社概要

サービスの流れ

0120-6108-55

[ 2017/07/15 ]運営事務局からのお知らせ新着

オーダーメイド転職事例 医師の転職

期待以上の待遇をもらえる転職を

医師転職 オーダーメイド事例
東北地方 42歳 男性
精神科(非指定医)

外科から精神科へ転科して約2年。指定医を取りたいために症例を求めて転職した回数は3回。当社への依頼で4回目。厳しい条件の転職になるかと覚悟したコンサルタント。
さて結果は・・・

なぜ転職を考えられましたか?

約2年前に外科から精神科へ転科しました。高齢になっても最前線で活躍できる診療科と考えての決断でした。最初は転科を受け入れてくれるという理由だけで選んだ結果、指導体制や将来的な指定医の取得も期待できないことに不安を覚え約1年で退職。2つ目の病院は、環境面や症例の豊富さも申し分なかったのですが、二人目の子供が生まれたこともあって大幅な年収減がネックとなり、1年も経たずに転職することを決意しました。
2度とも自己応募で転職した経緯もあり、条件面の交渉を期待して3度目の転職は紹介会社へ依頼しました。紹介された病院は、給与は良いものの症例数の少なさに不安を感じましたが、私と同じ転科組で指定医取得を目指している医師が在籍している点に好感を抱き、エージェントから強く勧められたこともあって転職しました。しかし、希少な症例に限らず私にまわしてもらえる症例は予想以上に少なく、苦言を呈したことで指導医との関係も悪化。4度目の転職を検討せざるをえない状況となってしまいました。
そんな折、「ご相談だけでも結構です」という文言に惹かれてCMEコンサルティングへメール。
土曜日にも拘わらず30分もしないうちに私の担当というエージェントから電話が入り、聞かれるがまま現状と経緯を正直に伝えて相談しました。エージェントの「少しお時間を頂くかもしれませんが、私に任せてもらえますか?」という言葉に乗じ、私の4度目の転職活動がスタートしました。

エージェントにオーダーした内容は何ですか?

1.2年以内に指定医が確実に取得できる病院
2.年収1,600万円希望(譲歩しても1,500万円)
3.平日の当直回数は問わないが、まだ小さい子供と週末を過ごすために土日の休み
4.理事長、院長、副院長、医局長、できる限り面接時に会える病院

オーダーした内容、勤務体系、プライベート、どう変わりましたか?

2年以内に指定医が確実に取得できる病院

コンサルタントからの事前情報、面接時に病院から説明を受けた情報に差異は無く、状況次第では1年以内に取得できる可能性もあると感じました。可能性を大きく感じたポイントは、昨年1名の指定医取得が終えて、指定医に必要となる症例は全て私を優先してくださるということでした。更に、申請に必要な書類やレポートの作成に関しても経験のある事務方がサポートしてくださるとのことで、これは間違いなくこの病院で指定医になれると確信して入職することを決めました。

年収1,600万円希望(譲歩しても1,500万円)

今回の転職で最も期待値を上回ったものでした。いただいた条件は、週5日勤務で1,700万円(当直は別途)。当直を予定通りに入れば、年収は2,000万円近くになる条件でした。この高待遇を引き出せたのは、コンサルタントから「指定医取得後も貴院でお世話になりたい。と、面接時に先生ご自身からはっきり伝えてください」と言われ、そのままお伝えしたことだったそうです。家族の問題もあり、もし入職するとしたら、という前提でしたが、この意思表示が病院側の心証を良いものに変え、この結果に至りました。

平日の当直回数は問わないが、まだ小さい子供と週末を過ごすために土日の休み

当直は週1回の木曜日、土日祝は完全に休みで、希望通りとなりました。
実は、今回決めた病院は他県にあり転居を伴うものでした。通勤圏内には希望を叶える病院が無く、コンサルタントから地方の病院を提案されました。最初に聞いた時は全く考えてもいなかったので断るつもりでしたが、コンサルタントから「先生自身がどうしても嫌でなければ、奥様に相談される際に必要と思われる条件を揃えてお伝えします」と言われ、年収・休み・帰省の対応など、全てが揃った内容でいただきました。提案された条件は、妻を説得したいと思える内容で、とりあえず面接には行ってみるところまで決まりました。

<CMEより>
この先の内容は、最後の感想に同内容が記載されています。

理事長、院長、副院長、医局長、できる限り面接時に会える病院

前職の退職理由の要因となったのは、私の指導医でもあった副院長との関係悪化です。非常に高圧的で、私が最も苦手とするタイプの人でした。幼い頃から精神的に強い人間ではなかったので、私が気にし過ぎると言われればそれまでですが、個人的には一緒に働くのはとても無理でした。 面接時にこれだけの人に会いたいという我儘の理由としてコンサルタントへ正直に話し、病院側にはうまく伝えていただいたのだと思います。面接時には、普段グループ内の他病院にいらっしゃる理事長も来ていただき、院長と副院長も同席いただきました。面接後の病院見学は医局長が行ってくださり、現場の話など現実的なお話を聞くことができました。

週5日勤務 + 当直週1回 木曜・日祝休み 年収1,600万円(当直料込)
外来
+
病棟管理

8:30

17:30
外来
+
病棟管理

8:30

17:30
外来
+
病棟管理

8:30

17:30
外来
+
病棟管理

8:30

17:30

病棟管理

8:30

17:30
当直
転職後
週5日+当直週1回 土日祝休み 年収1,900万円強(当直料込)
外来
+
病棟管理

9:00

18:00
外来
+
病棟管理

9:00

18:00
外来
+
病棟管理

9:00

18:00
外来
+
病棟管理

9:00

18:00
外来
+
病棟管理

9:00

18:00

当直

この度のご転職に関して、率直なご感想をお聞かせ下さい

ベストの提案をいただき、ベストの選択をしたと満足しています。やりがいもあり、家族も喜ぶ転職となりました。

想定と大きく違った点(良い結果ですが)は、転居を伴う病院を選び、最終的には家族も含めて移住する予定になったことです。
コンサルタントからの助言と事前情報から妻を説得しました。面接日までの一週間、妻と何度も話しているうちに、上の子が小学生にあがる前の今なら移住も考えて良いのではないか、という案が出ていました。そこで、面接に妻を同行させようと思い、一緒に行くことにしました。海もあり緑もある穏やかな雰囲気が漂う土地に、妻は子育てのイメージが沸き、私の転職意欲よりも妻の移住意欲が一気に高まりました。
もともと、帰省ができるよう土日休みも快諾していただき、要望として出していなかった帰省費用も月に一度の往復分を負担いただける条件まで付けていただきました。保育園の関係もあり、来年3月までは単身となりますが、4月からは完全に家族で住むこととなります。
子供が2人になり、家を建てようかと思っていたこと(建てる前だったこと)。
上の子が小学校にあがるタイミングだったこと。
家族の移住計画が決定したことで、指定医取得後もお世話になりたいと面接時に伝えたことが真実味を帯びたこと。
全てがこの転職を後押ししてくれる要素となりました。
この結果は、コンサルタントが親身になって私のベストを考えてくれて、そこに進むための様々な障害を取り払うべく助言と情報提供をしてくれたおかげだと心底感じています。

整った環境の元、最短で指定医取得を目指し、病院や地域へ貢献できる精神科医師となることはもちろん、担当コンサルタントへいち早く報告したいと思いつつ勉強の日々を過ごしています。
本当にありがとうございました。


トピックス
Back to Top